定番のお菓子

十三銘菓どら焼

写真 金沢で開催された第22回全国菓子大博覧会にて内閣総理大臣賞を受賞しました、当店1番人気の「十三銘菓どら焼」。生地にこだわり、粒あんの中にきざみ栗、そして一口サイズのやわらかいお餅も入った、満足いただけるお菓子です。是非ともご賞味ください。

みたらしだんご

写真 全国和生菓子大品評会にて総裁賞を受賞しました、50年以上ご愛顧いただいています当店のみたらしだんご。    はじめの一口は、甘くないしょうゆだれのため、ん?辛い?  しかし、噛めば噛むほど、おだんごの優しい甘さが出てきます。   絶妙のやわらかさに仕上げてあるので、出来たてはもちろんのこと、次の日でもおいしくお召し上がり頂けます。

きびだんご

写真 日本では五穀の1つとされている「黍(きび)」を使用した団子。  桃太郎伝説に登場する団子は、この黍で作られていた・・・とか。 1分間ほどお湯につけて、きな粉をたっぷりかけて、お召し上がりください。

淀の芦 華衣 栗旅り

写真 淀の芦(よどのあし)・・・一粒栗の蜜漬けをまるごと白あんで包み、更にほんのりバターとチーズの風味をきかせた生地で包み焼き上げました。      華衣(はなごろも)・・・青梅の蜜漬けを、桃山という卵を使った生地で包み、焼き上げました。      栗旅り(くりだより)・・・一粒栗の蜜漬けを白あんで包み、同じく桃山という生地で包み、焼き上げました。      お日持ちも致しますので、慶弔時のご進物等に多数ご利用頂いております。

十三銘菓もなか向渡し

写真 明治11年(1878年)に十三橋という木橋が出来るまで、十三には淀川を舟で渡るための渡し場がありました。そのため十三は、渡し舟を待つ人でにぎわっていました。その様子から「十三銘菓もなか向渡し」と名付けました。 大納言小豆を使用し、もなかの皮に合うよう炊き上げたたっぷりの粒あんを、香ばしい皮ではさみました。